上海春澤中医クリニックからのお知らせ

中国においても、安全・安心の日本並みの治療を!

私たちは、中国でご活躍されている日本人の方々およびご家族の健康をお守りするため、西洋医学の先進性と漢方医学の根治性を併せ持った、そんな理想的な治療法に取り組んでいます

漢方は、二千年の歴史のある精錬された自然な治療方法で、一人一人のお身体に合わせて治療するため、検査データには現れない不定愁訴をも治すことができます。また、時間を要する治療方法と思われがちですが、病気によっては三日間で治すことも可能です。

中国でも安全な健康生活を皆様にお届けできる、皆様が安心してご相談できる、上海でのかかり付け医を私たちは目指しております。

適応症

①痛み(肩こり・首痛・腱鞘炎・腰痛・目の疲れ・坐骨神経痛・テニスやゴルフ後の痛み等)
②皮膚のトラブル(アトピー性皮膚炎・円形脱毛症)
③婦人科病(生理痛・生理不順等)の治療を得意としています。

<男性>

飲酒後の下痢(朝の腹痛)
性機能障害
前立腺炎
ストレスによるうつ傾向
高血圧・高脂血症
メタボリック症候群(肝脂肪)
口臭が気になる
抜け毛が多くなった
治りにくい風邪や咳
のどの痛み・違和感
花粉症
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
禁煙できない
禁煙による過食
イライラや倦怠感
過呼吸症候群
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
いびき
骨折後のリハビリ
帯状疱疹/帯状疱疹後の痛

<女性>

皮膚炎(顔や体のニキビや吹き出物)
抜け毛が多くなった
ダイエットをしなくてはならない
上海に来て、急に体重が増えた
疲労感が取れない
睡眠の質が悪い(不眠)
夏バテ
冷え症
食欲不振及び過食
便秘
イライラや倦怠感
ストレス性の下痢及び胃腸炎
ストレスによる緊張性頭痛
偏頭痛
顔・手・足のむくみ
花粉症
頻尿
膀胱炎を繰り返す
子宮内膜症・子宮筋腫
妊娠中のつわり
妊娠中の逆子
妊娠時や授乳時の風邪薬
乳腺炎・断乳したい・授乳困難
不妊
更年期障害
子宮頸がんの再発予防・異形成等

<子供>

小児湿疹
じんましん
あせも
水イボ
気管支喘息
アレルギー性鼻炎
風邪をひきやすい
下痢と便秘を繰り返す
繰り返しの嘔吐
摂食障害(食に興味が無い等)
おねしょ
夜泣き
寝汗
多動症(落ち着きがない等)
チック症状

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

夏は「湿」を取り除きましょう!


連日高温のため、中国人“朋友圈”には「夏の過ごし方や対策」などが多く見られます。7月7日から8月6日の夏の一番暑い期間を古来中国では長夏と称します。長夏は暑い以外に湿度の高さが特徴で、暑さを防ぐと同時に除湿にも注意を払わねばなりません。中医は湿度の高さを風邪と同様に重視し、湿邪と言います。湿邪にかかった時、体が重くて疲れ、眠くなり、下痢や浮腫を引き起こしやすいです。毎日空調の中にいる現代人は、猛暑の対策を考える同時に「湿」を取り除くのも重要です。
このような「湿」は一体人間の体にどんな反応があるのでしょうか?実は、「湿」があるかどうかの判断は、まず問診して症状を確認しますが、その中でもっとも大事なのは舌と苔です。正常な人の舌の苔は、うっすらと白い半透明な粘膜ようなものが覆っていますが、「湿」が籠っている人の舌の苔は比較的に厚く、舌の(本来の)色が隠れて分かりません。白く粘っこい舌の苔は「寒湿」で、黄色く粘っこい舌の苔は「湿熱」と判断されます。
夏の厳しい暑さは人体の「正気」を傷つけ、冷たい飲料は胃腸を損ない、下痢になりやすいので、くれぐれも用心が必要です。中国は「薬食同源」の伝統で、夏に湿を除くためにヨクイニンやハスの実、オニバスの実、ヤマイモなどを食べる習慣があります。食物として加えるのは良いですが、病気を治療する薬物としては専門の指導が必要です。

 
 

上海春澤中医クリニックからのお知らせ

 

 

▲ページの先頭に戻る

沪公网安备 31010102002883号